7月 枝豆編

旬の食材を活用したヘルシー生活のご提案

中国に古くから伝わる薬膳では、自分が生きている風土で、自然の恵みをたっぷり受けながら育った旬の食材は栄養価が高く、健康によいとされています。そんな旬の食材を毎月クローズアップし、ヘルシー生活をご提案いたします。

大豆の栄養素とともにビタミンCやβ-カロテンも補給できます。

枝豆
初夏に旬を迎える枝豆は、大豆が熟す前に若採りをした未熟果です。「畑の肉」と呼ばれている大豆と同様に、良質のたんぱく質をはじめ、お腹の調子を整える大豆オリゴ糖、血中のコレステロール値を調整するレシチン、強い抗酸化作用をもつ苦み成分のサポニン、女性ホルモンに似た働きをし、更年期や骨粗鬆症対策に役立つ、イソフラボンなどを含有。さらに枝豆は、ビタミンCやβ-カロテンも豊富に含んでいます。
枝豆の健康効果

役立つ健康ワンポイント

お酒のパートナーに枝豆...そのワケは? ポピュラーな食べ方は、塩ゆでした枝豆。枝からはずし、多めの塩を振って手でもみ、うぶ毛を落とします。下準備をした枝豆を、沸騰させたたっぷりのお湯に塩適宜を入れ、4分くらいゆでます。ザルに取り、自然に冷まし、塩味はお好みで調整すれば、定番おつまみのできあがり。枝豆のたんぱく質に含まれるアミノ酸のメチオニンが、ビタミンB1やCとともにアルコールの分解を促し、肝臓への負担を柔らげるため、お酒のパートナーにピッタリです。
栄養価満点のゆでた枝豆を他の料理にも活用
■栄養価満点のゆでた枝豆を他の料理にも活用 ゆでた枝豆のさやから豆を出し、薄皮を取ります。そのまま、サラダ、スープ、和え物、炒め物などの具材に活用を。また、豆をペースト状に細かくすりつぶすと東北の郷土料理「ずんだ」ができ、和え衣の他、味付けやオリーブオイルを加えるなどのアレンジで、料理に添えるソースとしても使えます。

▲ページの先頭へ戻る

PICK UP 健康やせオススメ情報

  • SALON 教室一覧 全国に33教室展開中、最寄りの教室をお探しいただけます
  • PLAN LIST 体験プラン一覧 イヴならではのお得な体験エステ、本格技術をまずはご体験ください
  • 美養レシピ
  • 健康やせサマーフェスタ
  • CM告知ページ
  • SALON 教室一覧 全国に33教室展開中、最寄りの教室をお探しいただけます
  • PLAN LIST 体験プラン一覧 イヴならではのお得な体験エステ、本格技術をまずはご体験ください